DHAとEPAの副作用のことや、その効果について

体の内側からDHAとEPAの健康成分があなたをサポート

健康ニュース

EPA・DHA食べ過ぎの副作用

胃もたれ

副作用の心配としては、取りすぎってことが問題でしょう。例をあげると、血液が硬くなることを予防する働きがあるので、怪我などで出血した場合に、その出血量がとんでないことになる可能性があります。
それからEPA・DHAは必須脂肪酸として知られていますが、その名のとおり脂肪ですから、摂りすぎると胃腸へ負担がかかりすぎて、胃もたれや下痢などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。何でも健康になるからと考えなしにたくさん食べるのではなく、適量を知ることが大事です。

DHAとEPAの最大の違いは何、効果は違うのかな
簡単に、DHAとEPAの体内での働き、その違いについてご説明しますね。まずはDHAから、この成分は目の健康と脳の健康に強い働きがあります。どちらも重要な体の機能ですが、とくに視力のサポート力はどの健康成分にも負けない働きがあるようです。目と脳って近い場所ですから関連が強いと思われます。そして、EPAには、血液に強い働きがあって、体中に回る血液の健康を管理する役割を果たしているのです。大きな違いとしては、これらのことですが、どちらも体内で重要な働きをしていることは間違いないのです。

EPAとDHAには、健康に関するさまざまなことに役立っています。体内で血液が硬くなることを防いだり、硬くなった血液が詰まることを防いだりするといった、血行の流れを助ける効果が高いのです。血液が体の中で回らないといろんな機能に障害が出るようになるのです。心臓や脳といった重要なところに大きな影響が出たりします。ですから、これらの健康に高い効果があるということは、優秀な健康成分ということになりますよね。