中性脂肪を下げる方法は意外とたくさんある

体の内側からDHAとEPAの健康成分があなたをサポート

健康ニュース

中性脂肪を下げるために有効な漢方薬

漢方薬

食事の改善や運動を日常生活に取り入れても中性脂肪が下がらない、という人は漢方薬を試してみてはいかかでしょうか。
「防風通聖散」が数値を下げるものとして有名どころですね。「初めて聞いた」何て人が多いと思います。読み方は「ぼうふうつうしょうさん」と読みます。
18種類の生薬の力で、余分な脂肪が老廃物として排出され、血液をサラサラにしてくれます。
その他には脂質の代謝を高めてくれる田七人参、消化・吸収を良くする防黄耆湯があります。
漢方薬が有効と言っても、症状などで、合うもの合わないものとがあります。試すだけ試してみて、効果が出ないと感じたら別の方法で対策しましょう。

中性脂肪を下げる治療に有効な医薬品について
中性脂肪を下げる治療には、いろいろな方法があります。そのうちの一つが、医薬品を使用して脂肪を下げるという方法です。これを抗中性脂肪薬と呼びます。確かに、これを飲んでしまうことによって中性脂肪の数値が下がります。
しかし、この数値を上がってしまう原因が隠れている生活習慣は同時に改めないといけません。そうしないと、薬を止めた途端リバウンドで数値が跳ね上がってしまうことも少なからずみられます。
医薬品なので、副作用についてもありますし、薬に依存してしまうリスクについてもないとは言い切れません。ですので、薬を使う方法を試すときには、生活習慣を改めながら補助として使っていくほうが良いでしょう。

DHAとEPA成分で、手っ取り早くLDLを下げることにしましょう
LDLとは「悪玉コレステロール」の事を指し、これが増えると血管中に着いて動脈硬化を引き起こす事があります。そこで、このLDLを効果的に下げる活躍があるのが、DHAとEPAという成分なのです。これらの成分は主に魚に多く含まれている油で、血管にLDLが付着するのを防ぐ働きがあります。その上、血液に関する健康に良い働きがあります。ですから、積極的にDHA EPAサプリメントなどで摂取すると、LDL自体を抑える事が出来ます。