DHAとEPAの健康効果を知ればわかります

体の内側からDHAとEPAの健康成分があなたをサポート

健康ニュース

DHAやEPAの効果で精神を安定させる

精神を安定させる

この2つの成分には、血流をよくし、血液をサラサラにしてくれる栄養素として有名です。サンマ、サバ、イワシなどの青色の魚にたくさん含まれています。イクラ、うに、マグロの刺身などにもたくさん含まれています。
脳の健康を助ける役割も務めていて、魚をたくさん食べる子は優秀な学力を発揮すると言われています。脳に有効な働きがあるため、精神などを安定させる効果もあるのです。
医学的には証明されていないものの、魚をよく食べる地域に住んでいる人は、自殺者が少ないといったデータなどもあります。

いつまでも元気で健康に過ごすのなら「サプリメント」もイイよ
DHAとEPAという成分は、健康に良いことで評判がありますが、両者の違いを簡単に説明すると、EPAは血液の流れを良くするなど血液や血管の健康に効果が高く、成人に対してより高い効果が期待できるのです。DHAは脳や神経に対して良い効果があり、脳が作られる成長期には、特に効果が期待できます。DHAとEPAの摂り方としては、魚からがおすすめですが、魚の苦手な人はサプリメントから摂るようにすると効率的で良いでしょう。いろんなサプリメントが販売されているので、成分の含有量や価格を比較しながら、安心して摂ることができるものを選ぶことをおすすめします。

DHAとEPAの魅力は「抗うつ効果」
日本人の多くが今、苦しんでいるのが「うつ病」です。
社会人の半数近く方々がその予備軍、または患者とも言われています。
そんなうつ病には、DHAとEPAのサプリメントが役立ちます。
栄養を的確に補給しなければ、いわゆる落ち着きの脳内成分であるセロトニンが正しく働かなくなります。
DHAとEPAはセロトニンの分泌量の増加を促すとされ、抗うつ効果が期待されます。
近頃、なんとなく憂鬱で辛い日々が続く、しかし心療内科に通う程の重たい状態ではない、そう感じている方々はDHAやEPAのサプリメントで体調管理を始めてみましょう。