ダイエットでお腹(ウエスト)の贅肉を減らそう

無理せず自分の体に合うダイエット方法を探しましょう

健康ニュース

ウエストが気になる

ウエストを引き締める

適度な運動してウエスト引き締めましょう。
ウォーキングも気になるお腹(ウエスト)を引き締めるには絶大な効果がある運動です。また、立っているときなど、日々の生活でつま先で立つことを意識することで、お腹(ウエスト)を引き締める簡単な方法のひとつです。運動によってお腹の脂肪を減らし、なおかつ、鍛えられるのですごい効果があると言えます。簡単に行える運動でウエストを引き締めるのは、体の健康にもよい事ですね。もっと、効果を得たいなら、サランラップでお腹を巻いて、専用のクリームやジェルを塗って、軽い運動をするともっとお腹が引き締まることでしょう。これには、お肌の保湿効果があり美肌効果があるとおもいます。
健康的にお腹を引っ込めたいなら。
食べる食事は、毎回チェックしましょう。
メニューだけ注目するのではなく時間、量にも気をつけましょう。食事は、外食ばかり食べずに、朝食の量は多め、昼食は軽く、晩御飯はなるべく早い時間に食べ過ぎない程度に食べると健康的な食生活がおくれるといわれています。

間食がやめられない
ダイエット中なのに、食べ物のことばかり考えてしまい、食事の時間でもないのに軽くひと口なんて事あるのではないでしょうか。
ダイエットで痩せたいなら、余分な食べ物は口に入れない、絶対我慢の根性が必要ですね。そこで、我慢するコツを教えましょう。
まずは一つ目、歯を磨きましょう。
気分が変わり、間食しなくてもいいような感じになりますね。歯を磨いたら、何かを口にしたくないですよね。
二つ目は、友人や彼氏(彼女)に電話する。
友人とのおしゃべりでお菓子などの間食を忘れてしまいましょう。話すのに夢中になると時間が経つのを忘れてしまいます。
三つ目は、何か趣味など集中できるもの探しましょう。
何かに没頭して集中している時間は、食べ物のことは考えないですね。 何をしても「間食」がやめられない時は、これはしょうがないので我慢できないときは、思いっきり食べちゃいましょう。我慢できないと反動でたくさん食べすぎる場合があるので、アメとムチ方式で食べた次の日は軽めに食べてがんばりましょう。